私たちの未来ほど、贅沢なものはない / There’s no bigger luxury than our future. -by Donatella Versace

(English follows)

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。昨年いただいた応援の声に励まされながら、今年はラインアップも拡大して、励みたいと思います!

 みなさま覚えてらっしゃいますか? 去年の10月、世界で大きく報道されたニュースがありました。

 早ければ、2040年前後までに地球は壊滅的な状態になる──。

 国連気候変動に関する政府間パネル(以下IPCC)の評価報告書で、「2040年までに産業革命以前よりも地球の気温が1.5℃上昇し、それによって世界は大規模な食糧危機に見舞われ、山火事が多発、大量のサンゴ礁が消滅する」というものです。

 このIPCC評価報告書は40ヵ国から集められた91人の科学者によって、6000以上の科学研究をもとに作成されており、数年以内に、世界経済の大きな変革を求められています。

 温暖化を防ぐには、代替エネルギーに切り替え、再生可能なエネルギーによる発電を67%(細かい!)にまで増やす必要があるそうです。

 これは、技術的には可能だが、政治的にはおそらく不可能だと言われています。世界の二酸化炭素排出量上位の国々が非協力的なのですね。アメリカも一昨年、温暖化を目指し、二酸化炭素排出量の削減を目標として決められた、パリ協定からの離脱を宣言してしまいました。

 この流れを食い止めようと、世界各国で色々な運動が起きています。

 石油・ガス産業についで世界第2位の環境汚染産業である、罪深いアパレル産業にも確実にこの流れは来ており、ヴェルサーチやStella McCartneyのような大きなメゾンも若手デザイナーも、持続可能なモードを提案しようと動いています。去年、エシカルファッション市場は+19.9%の成長を果たしました。

 そして個人的にとても心強く思うのが、アメリカでの統計で、18〜34歳までの3割以上の人が、「環境に悪影響を与える(恐れのある)」企業の製品を買うことを控えている、との統計です。

 ちょっと考えて見てみましょう。

もし旅行先で「雪が降る可能性がある」と知ったら、どうしましょうか?暖かい上着も靴も重いしかさばります。降らない可能性にかけて、防寒着を置いていく選択肢も大いにありますよね。例えばこれを置き換えてみると、使い捨てプラスチック製品が海洋生物を脅かしている「可能性がある」としたら、多分誰も動きません。

しかし、「今雪が降り始めており、確実に雪足はさらに強まる」と知ったら、どうしますか?上着もスノーブーツも帽子も手袋も持って行きますよね。上のように置き換えてみると、プラスチックは海洋を汚染し、マイクロプラスチックになり私たちの健康も脅かしているのは事実なのですから、自ずと対処すべく行動しますよね。2040年ってもうすぐそこですよ?私たちも恐らく(願わくは!)まだ生きています。

 だから起業家としても消費者としても、考え続けようと思います。自分に選択肢がある限り、私は食べ物も交通手段も衣料品も環境へのインパクトやその企業姿勢を常に問いながら選択したい。選択することによって、二酸化炭素排出を減らして、土壌を豊かにし、生産する人たちが守られると信じています。

同じ目的地に行けるのなら飛行機や車より電車、電車より自転車。有機栽培のものが無ければ、その土地の近くで取れた食べ物を。うちの食卓に、色とりどりのおかずが何種類も並ぶことはありませんが、その分、安全な物のほうがいいとおもっています。

 夢のように美しいヴェネチアが沈むことのない未来。

 子供達がはしゃぎながら走り回っている未来。

これ以上の贅沢は無いのだろうと思います。

There’s no bigger luxury than our future.  

         -by Donatella Versace 

Belated happy New Year, everyone! May this be a happy and fruitful year.  This year, I’ll try to start a new line and keep growing like bamboos! 

Do you remember the big news from last year, October, “The Warn of ‘Climate Catastrophe’ by 2040 Without ‘Rapid’ and ‘Unprecedented’ Global Action” by IPCC? 

The report reads. ” If the current warming rate continues, the world would reach human-induced global warming of 1.5°C around 2040. The only way to achieve it is to stop all fossil fuel extraction and redirect the massive resources currently spent on the fossil fuel economy towards the renewable energy transition.”

Experts say it is possible to achieve technically, but not politically. Big countries which are response for CO2 emission are not pro this movement. 

But on the other hand, quite a few strong movements are occurring, too. 

In a guilty fashion industry, there are movements too. Not only big names like “VERSACE”, “Stella McCartney” but also among young designers, “sustainability” is getting very critical concept. 

2018 saw the value of the ethical clothing market increase by 19.9 per cent according to Ethical Consumer, engendered by growing acknowledgement of the impact of consumer choices. I’m personally very happy to hear that more than 30%of 18 to 34 year olds withholding spending when a product has a negative impact on the environment, the fashion industry needs to listen up, if not for the planet then at the very least for its bottom line. 

Let’s think like this.

If you hear that “it may snow” at your destination of the vacation, what are you going to do? The warm jackets and snow boots are heavy and bulky. There might be an option, to take a risk and leave those home. I totally agree. Same to this, we won’t react by hearing “deposable plastic might harm the ocean and its creatures”. It’s easier to take a risk.

But if you hear that “it started snowing and will snow harder”, then what are you going to do? Of course, we will take all possible winter items, jackets, boots, scarfs and gloves. So again, same to this, we know that the plastic is now and indeed harming the ocean and even us, we should make an action. 2040 is around the corner! We are probably (and hopefully) still alive! This is no more concern of “our children” but of “us”.

So not only as an entrepreneur but also as a consumer, I won’t cease thinking. As long as I have choices, I always ask myself what to eat, what to wear, how to go. We have plenty information about products and producers. By thinking and choosing, we can reduce Co2 emission, recovery the soil and protect people who are in charge of production.

If I can reach the same destination, I’ll prefer trains than planes, planes than bicycles. If I cannot get organic vegetables then still try to get ones from the local. There won’t be various, numerous and colorful dishes on my table, but I prefer to have simple and safe food. 

The future where we still can visit the beautiful Venice. 

The future where we still can see children frolicking around.  

Indeed, there won’t be any bigger luxury than our future.  

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です