「男子は青、女子はピンク」なんてもう古い?/ “Boys wear blue and girls wear pink” is getting out of date?

(English follows) ようやく「男子は青、女子はピンク」なんてもう古い、という風潮になってきました。     でも本当のところ、「ジェンダー(性別)と色」の縛りから、私たちどれくらい、抜け出してきているでしょうか?   2020年、令和2年を迎えた私たち。 特別な理由も無いし、自分でももう正しくないと分かっていても、この色と性別のルールになんとなく縛られていること、ありませんか? 誕生祝いにも、ランドセルの色選びにも、女子には赤やピンク、男子には黒や青っぽいものを選んでしまう、その方が無難だから、という風潮は消えませんよね。(*1)   ある調査では(*2)息子にピンクのランドセルが欲しいと言われたら別の色に誘導する親御さんが34%という結果になったそうです。 生まれたての赤ちゃんがブルーを着ていたら?何となく男の子かな、と思ったり思われるかもと心配したり。逆もまた然り。そんな中に私たちはまだ生きています。   生まれつき、男の子は「黒」や「ブルー」などのクールな色が好きで、女の子は「赤」や「ピンク」といった華やかな色に魅かれる――これは決して、生まれついての性質ではなく、社会から送られるメッセージ(ジェンダーコーティング)が影響しているようです。   社会的な同調圧力から、自分の好きなものを拒まれてしまう、そんな社会はやっぱり変わるべきだと思います。子供達の生まれ持った個性や好み、その子の感受性を称えたいですよね。   それに女子だって青が大好きだし、こんなに青が似合うんですもの!       *1 http://www.randoseru.gr.jp/graph/ 「ランドセル購入に関する調査」より *2 https://p-dress.jp/articles/9389 「息子が赤やピンクのランドセルを欲しがった。親はどうする?」より       Are we choosing colors without gender-bias? The time of  “Boys wear blue and girls wear pink!” is getting out of date?   It’s one of the undeniable truths of children. […]

白という切り札/ White, the ace in the hole

(English follows) こんばんは 昨夜ミラノに戻ってまいりました。こちらも東京ほどでは無いものの、やっぱり暑い! じりじり肌の表面から焦げて行くような直射日光の下で、今日も何を着て行くか悩む日々・・・。   ということで、今日はこの汗ばむ時期に白を着るというお話。 30代からの女性の魅力に欠かせないもの、それはズバリ「清潔感」。近づいたら何となく石鹸の香りがするような感じ、ありますよね。決して主張していないのに、なぜだか人を惹きつける。清潔感漂う女性は、男性にとっても女性にとっても魅力的に映るのではないでしょうか。   でも現実は、毎日うだるような暑さと湿気でもうグッタリ。 こんなに汗ばむ季節の中、サラサラな髪や隙のないメイクを徹底するのは不可能に近い・・・。   そんな時こそ、ジョーカー、白い服の出番です。尚且つ、今年は思いきって「全身白」にチャレンジしていただきたい。 それはもう最強の清潔感。そして幾分「品」までプラスされて、あなたの魅力を倍増してくれます。 でも白は効力も最高なら、ハードルも高い。汚れやすいし、下着が透けやすかったり。汗染みも目立ったり・・・。   夏に着る白をこよなく愛す私としては、このハードルを越える服をどうしても作りたかった。 だから、作りました。汗染みもつかない、下着の透けにくい全身白の服。 撥水するということは、汗で布が背中にべったりくっつく、なんて事はもちろんありません。そして匂いもつかない。フランスから仕入れたプレミアムコットンは高級感漂う厚みがあり、濃い色のアンダーウエアも隠してしまいます。   会社にもデートにも、気負う事なく着て見てください。汗でまとわりつかないさらっとした着心地、病みつきになること必至です。 Good evening, everyone. I came back to Milan last night. Not so much like in Tokyo, but it is still hot ehough. The strong sunshine deprives the water on my skin, and again today, […]