「男子は青、女子はピンク」なんてもう古い?/ “Boys wear blue and girls wear pink” is getting out of date?

(English follows) ようやく「男子は青、女子はピンク」なんてもう古い、という風潮になってきました。     でも本当のところ、「ジェンダー(性別)と色」の縛りから、私たちどれくらい、抜け出してきているでしょうか?   2020年、令和2年を迎えた私たち。 特別な理由も無いし、自分でももう正しくないと分かっていても、この色と性別のルールになんとなく縛られていること、ありませんか? 誕生祝いにも、ランドセルの色選びにも、女子には赤やピンク、男子には黒や青っぽいものを選んでしまう、その方が無難だから、という風潮は消えませんよね。(*1)   ある調査では(*2)息子にピンクのランドセルが欲しいと言われたら別の色に誘導する親御さんが34%という結果になったそうです。 生まれたての赤ちゃんがブルーを着ていたら?何となく男の子かな、と思ったり思われるかもと心配したり。逆もまた然り。そんな中に私たちはまだ生きています。   生まれつき、男の子は「黒」や「ブルー」などのクールな色が好きで、女の子は「赤」や「ピンク」といった華やかな色に魅かれる――これは決して、生まれついての性質ではなく、社会から送られるメッセージ(ジェンダーコーティング)が影響しているようです。   社会的な同調圧力から、自分の好きなものを拒まれてしまう、そんな社会はやっぱり変わるべきだと思います。子供達の生まれ持った個性や好み、その子の感受性を称えたいですよね。   それに女子だって青が大好きだし、こんなに青が似合うんですもの!       *1 http://www.randoseru.gr.jp/graph/ 「ランドセル購入に関する調査」より *2 https://p-dress.jp/articles/9389 「息子が赤やピンクのランドセルを欲しがった。親はどうする?」より       Are we choosing colors without gender-bias? The time of  “Boys wear blue and girls wear pink!” is getting out of date?   It’s one of the undeniable truths of children. […]

 Powerful young moves for sustainability (動き出す。サステイナビリティに向かう若い力)

弾けるような笑顔のお二人から、「偶然ペアルックになりました」というお写真をいただきました。 実はこのお二人、ゼロ・ウェイストを進めるべく、新しいビジネスを立ち上げた方々です。お一人は、無包装で買い物ができる、オーガニック食材のお店を経営され、もうお一人の方は繰り返し使えるストローの会社を経営されています。 サステイナビリティと一口で言っても、アプローチは多種多様です。私は海洋マイクロプラスチック汚染に歯止めをかけたい。彼女たちは、半永久的に生物分解されることのないプラスチックごみを減らしたい。そして私たちはみな、少しでも地球環境の負担を減らせるように、そんな情熱を持って走っています。 置かれている状況も環境もみんな違います。でも環境を守ることの為にできることはたくさんあるはず。車の移動を減らすこと、ごみを減らすこと、お肉を少しだけ我慢すること。 みんなの「少しずつ」は、着実に大きくなっています。 あなたの今日の「少しずつ」は何でしたか?   https://www.nuebytotoya.com/ https://noplasticjapan.com

母になる女性たちへ / Dear expecting mothers

  (English follows) 出生率の低下が叫ばれる日本。 それでも年間100万人近くの新しい命が誕生し、そしてその命をこの世に送り出してくれる女性達がいます。 赤ちゃんがお腹に宿って数ヶ月、産まれて元のサイズに戻るまでまた数ヶ月は、それまでの服が着られません。 授乳するお母さん達は1年前後、前開きの服しか着られません。 その後も数年間は、汚れが目立つ服は着られません。 1人の赤ちゃんにつきこれくらい。 2人、3人…と続けば更にその倍。   私自身も育児の真っ只中で、喜びいっぱいな反面、時にはため息が出るときも。 だから私のラップドレスは、全てのお母さんになる女性への応援歌。 お腹が大きくなっても大丈夫。前が開くから授乳もOK。 ただでさえ忙しいんだから、洗濯しなくてもいいよ。シワにもなりにくいよ。   かけがえのない命を守り育てながら、お母さんやお父さんは悪戦苦闘。 家族や親戚、友人もご近所さんもみんな一緒になって、支えてあげていけたらいいですね。   Japan is suffering a decline in the birth late since decades. And yet, ca. one million babies are born in a year and there are mothers who deliver those precious lives. For around a half year […]

女の鎖骨と今年の猛暑 / Women’s collarbones and heat wave

(English follows) こんばんは。 日本列島、これでもかと言わんばかりの暑い日が続きますね。 本日は私のブランドの看板商品でもあるラップドレスについて綴りたいと思います。 濡れないこのドレス、通気性も抜群で軽く、身体にまとわりつかないデザインですので、暑い日にもぴったりです。 前後両方で着られますが、基本的にはボートネックを前にして着ることをお勧めしています。 ちょうど鎖骨がきれいに見えるように何度も深さを試行錯誤したからです。 脚や胸もいいけれど、30代を過ぎたら艶めくのは、首すじや鎖骨。 控えめなフロントにコンシャスな後ろ姿のこのドレスで、この夏、普段は見せない貴方の「色気」、引き出してみては如何でしょうか。 Good evening, everyone. Throughout Japan, it has been hot these days, as if it weren’t already enough. Today, let me write about my top-seller, wrap dress. This is not only perfectly water-proof and stain-free, but also light and breathable. Besides, it’s designed not to cling […]