[vc_row][vc_column]

「何となくの気持ち」を疑ってみる

Let’s doubt “it sounds like”

「何となくの気持ち」を疑ってみる Let’s doubt “It sounds like” 「何となくの気持ち」を疑ってみる スイスの研究所Higgsの発表によると 同国の大手スーパーでは、プラスチックのレジ袋を有料にすることにより、年間41800万枚から6600万枚まで減少させることに成功したそうです。 日本のスーパーでもこの動きは広がっていますね。確かにこれだけみると、この運動はとても成功しているように見えます。プラスチックそのものがとても悪いように見えて、紙や布でできたエコバッグが良いのだと言う世論がよく知られています。 でもこのレジ袋(リサイクルされたもの)一枚の環境への負担を1とすると・・・ *無漂白の紙製の買い物袋では43倍 *布製のエコバッグでは7100倍 になるそうです。 つまり7100回以上同じエコバッグを使わないと現存のレジ袋より「エコ」とは言えなくなります。週に二回の買い物だとして年に100回強、相当長生きしなければいけません。と言うのも、コットンそのものは決して環境への負担が少ない素材ではないし、オーガニックコットンに至っては、膨大な敷地と清潔な水を必要とする為で、同じ計算でいくとオーガニックコットンの袋は1万回使わないといけなくなります。 日本の多くの自治体ではゴミ袋としてもレジ袋を受け入れているので、プラスチックのレジ袋は上手く行けば何度も利用できて、意外や意外な「エコ」な素材なのです。 私も実はマイバック持参派でまさに布製のバッグユーザーでした。うーん・・・そう考えていくと混乱するなあ。もう何をどうしたらいいのか、と思っていた矢先! 先週行ったフランスでこのエコバッグを見つけました。控えめに裏面にしか印刷されていないけれど、何と三ヶ月で堆肥の中で生物分解され土に還るそう。 そしてなおかつフェアトレード。 ヨーロッパの環境保全推進の技術はどんどん進化しています。過剰包装の日本も変われるでしょうか?…

Read more

女の正義

Women’s sense of justice

女の正義 Women’s sense of justice 女の正義 お客様からいただく質問の中で、一番多いのは「どうしてこのブランドを始めようと思ったのですか?」という質問。 「汚れない服を作りたい」と思ったのは、確かに「子供たちに付き合って服の汚れを気にするのが嫌になった」からでした。 でもこの思いつきを事業にしようと思ったのは「自然環境を守りたい」と思ったからです。 「汚れない服=洗濯がいらない服」は、洗濯機使用によるCO2や水の使用、洗剤による土壌汚染を減らせるとても根本的な解決に思えました。けれど同時に私にはあまりにも遠いゴールに見えて、その部分を語るのを躊躇っていました。 去年の12月、アルゼンチン出身のママ友と話していたときのこと。彼女はコロンビア大学のロースクールを出た弁護士さんで、同じ学校で学んだイタリア人のご主人と結婚し、現在ミラノに住んでいます。彼女の上の子とほぼ年子で生まれた次女はまだ1歳になったばかりだというのに、大学院の通信プログラムを始めることにしたという彼女に、どこからそんなエネルギーが来るの?と聞くと、 「あまりメデイアに取り上げられないから、ピンとこないかも知れないけれど、アルゼンチンを始め、南米は治安が悪く、多くの人が麻薬や犯罪組織に巻き込まれて命を落とすの。私は弁護士として、その人たちを救い治安を改善したい。その為に出来ることをしてるだけなの」 政情不安とは真逆にある平和なお誕生日パーティーの中で、正義感に溢れる彼女のペネロペクルーズのような(ほんと!)美しい目が輝いていました。 そして気がついたら私も言っていました。 「私もアパレルブランドを立ち上げたいの。忙しい女性は洗濯に時間を費やさなくて済むように。その結果洗濯が減って少しでも環境破壊のスピードが遅くなるように。「着たから洗濯しなくちゃいけない」っていう固定観念を壊せたらいいと思っている」と。 彼女の「正しい」ゴールに比べたら、私の話は上っ面だけに聞こえて恥ずかしくなって、「もちろん私の服が一枚や二枚クローゼットにあるからといって、その家庭の洗濯は減らないし、はるか遠い夢のような話だけど」と話を濁した私を、 「ううん、綾乃。考え方なんてね、一度浸透し始めたら、一度変化が起きたら、すごい速さで進んでいくのよ。全然到達可能なゴールよ」 と真剣な顔で励ましてくれました。 この日から、私の「思いつき」は「ビジネス」に向けて急発進しました。 展示会にいらっしゃるお客様やWebを通じて応援してくださる方々、私のお客様はほぼ100%女性です。…

Read more

女の鎖骨と今年の猛暑

Women’s collarbones and heat wave

女の鎖骨と今年の猛暑 Women’s collarbones and heat wave 女の鎖骨と今年の猛暑 こんばんは。 日本列島、これでもかと言わんばかりの暑い日が続きますね。 本日は私のブランドの看板商品でもあるラップドレスについて綴りたいと思います。 濡れないこのドレス、通気性も抜群で軽く、身体にまとわりつかないデザインですので、暑い日にもぴったりです。 前後両方で着られますが、基本的にはボートネックを前にして着ることをお勧めしています。 ちょうど鎖骨がきれいに見えるように何度も深さを試行錯誤したからです。 脚や胸もいいけれど、30代を過ぎたら艶めくのは、首すじや鎖骨。 控えめなフロントにコンシャスな後ろ姿のこのドレスで、この夏、普段は見せない貴方の「色気」、引き出してみては如何でしょうか。 Women’s collarbones and heat wave…

Read more

今、女が欲しいもの

What women want now

今、女が欲しいもの What women want now 今、女が欲しいもの 今日は、新製品のインスピレーションをもらいに、ミラノの中心地、モンテナポレオーネへ。   ひとしきりハイブランドのショーウィンドウを拝んだ後は、ひっそりと奥まった建物の中にある、服飾美術館へ行きました。今日の特別展示は1900年代のドレスの変遷で、最初は着ただけで窒息しそうな、とてつもなく不自然なSカーブを描くドレス。そしてシャネルやグレタガルボの活躍した20年代にグッと軽く動きやすくなり。  第一次大戦後には女性の社会進出とともにアクティブなスーツ姿が登場。50年代には、ファッション誌で野外撮影が始まったそうです。 さらに1963年には、避妊ピルとジェット機が発明され、男女平等の理想は、ユニセックスやメンズライクなファッションを生み出しました。イヴサンローランはスポーツウェアをモードに昇華させ、バレンシアガもその流れの代表者です。そしてプレタポルテ(既製服)も登場します。(写真:Emilio Pucci/1963年春夏コレクションより) パンクやジーンズの流行を生み出した70年代、ミニスカートが復活した華やかな80年代を得て、90年代になるとファッションのグローバル化も加速します。途上国での生産が盛んになり、ブランドが巨大企業に変わっていきました。 90年代からはマドンナやスーパーモデル達が登場。ほぼヌードに近いドレスも自らの意思で選ぶ女性達が増え、2010年代に入ってからはレディーガガのように、社会的タブーをモノともせず、一見奇抜とも思える服装で自分の理念をアピールできる時代になりました。日本だけであった「コスプレ文化」に浸透する若者達がヨーロッパに現れ始めたのも2000年以降であったと記憶しています。 さて、この謂わば「何でもあり」の時代を終えた私たちがいま求めるものは何でしょう。コルセットなしで、ズボンもはけて、ファッションとして下着を見せる事だって許されます。ファストファッションのおかげで、好きな服も買えます。沢山買えます。良いことばかりな気がするけれど・・・。やっぱりそれだけじゃないのが、この世の常。 気軽におしゃれを楽しめるようになった反面、アパレル業界の暗い裏の顔もだんだんと見えるようになって来ました。生産する人たちの労働条件、水質汚染に大気汚染、化学物質による土壌汚染、毛皮にされる動物達。当時一世を風靡したスーパーモデル達が「毛皮を着るくらいなら裸でいる」キャンペーンを覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。 2010年代を経て、私たちは少し疲れ気味です。この使い捨ての文化に。毎年毎シーズン目まぐるしく変わる流行に。パンパンに膨らんだクローゼットに。お家賃は高いのに、服の収納の数平方メートルのペースの為に、私たちはいくら投資して来たのでしょうか。 そして間も無く私たちはリユースする事、リサイクルする事を始めました。断捨離も活発になって来ました。だってやっぱり身軽な方がいい。要らないものを要るところへ。その空いた隙間に、また自分の好きなものを買い足せる。 もうすぐ2020年代を迎えます。私たちの頭の中にチラチラ点滅していた黄色信号が赤になりそうです。先進国の人々がこのままの消費を続けていたら、地球はもたない。H&Mが近年訴え続ける「サステイナブル」なファッション。ユニクロも2011年に化学物質による水質汚染を無くしていくデトックスキャンペーンに参加しています。ハイブランドのサルヴァトーレ・フェラガモは2016年より、廃棄予定のオレンジの皮をリサイクルして作ったオレンジファイバーを用いたコレクションを発表しています。ミニ・ロディーニは海洋プラスチックを、子供服に蘇らせます。 私たちは意識しているにしろ、意識していないにしろ、やっぱり無関心ではいられません。この地球の行く末を。企業が動かなければいけない。国も動かなければいけない、でも、私たちももっと動けるはず。忙しい毎日の中、その黄色信号を意識して、赤になる前に始めましょう。サステイナブルなおしゃれの楽しみ方。…

Read more
[/vc_column][/vc_row]