“Pro women, Pro planet, Pro next generation.”
女性を 地球を 次世代を守る そんなブランドになりたいのです。

–Ayano Hakura

Story

東京に負けずと暑い日が続くミラノの夏。

2歳と7歳の息子たちを連れて、1日に何度も公園へ行く毎日。

キレイな服を着こなすミラネーゼに囲まれ、いつも着て行く服に悩んでいました。

好きな服は着たいけれど、泥んこになって遊ぶ子供達といたら、汚れるために着ているようなもの。

お洗濯の回数が減れば、お水も電気も化学物質も少なくて済む。

お気に入りの一枚になる、TPOを問わない、タイムレスな服をその素材で作りたい。

そう思ったことが、AYANOHAKURAのスタートです。

Profile

羽倉 綾乃

東京都中央区生まれ

大学卒業後ドイツに渡り、現地で宝石商の資格を取得。欧州のVIPが多く訪れる高級宝石店に勤務し、顧客折衝力を身につける。

その後、営業の手腕を生かすべく博報堂ドイツに転職し、ハイエンド化粧品メーカーのブランディングに携わる。

結婚して長男が一歳の時に日本へ帰国し、東京のアパレルブランドで社内通訳として勤務。その後次男を授かり、イタリア・ミラノへ移住。

洗練されたミラネーゼたちに囲まれながらも、なるべく自由に自然に触れさせながら子供達を育てたいとの想いに葛藤する毎日を経て、汚れにくい服を作ろうと決心。

美しく機能性に富んだ、環境配慮型のものづくりをすべく、現在はドイツにて奮闘中。「濡れないラップドレス 」が一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催の第7回ソーシャルプロダクツアワード2021にて、ソーシャルプロダクツアワードを受賞。